KMT NETWORK

KMT総合情報部-キャッシングと融資に関する審査等について

お問い合わせはこちら オフィシャルサイト

KMT総合情報部-キャッシングと融資に関する審査等について

KMT総合情報部-キャッシングと融資に関する審査等について

2022/06/20

お金で失敗する前に学ぶ金融学習

お金は死ぬまでついてまわる永遠のテーマだ!簡単な金融リテラシーを身につける

KMT NETWORK-総合情報部が様々な情報を記事にします

KMT総合情報部-情報・金融カテゴリーでは、著者様との共同制作記事をお届けします。

KMT NETWORK-総合情報部ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

オフィシャルブログページでは、KMT NETWORK-広報部+KMT NETWORK-総合情報部が運営を行い、知識改革にて、個人の知識を最大化にする情報を発信しております。

また、KMT出版にて制作を共にした『著者様』を交えてのブログ記事制作・配信を行なっており、出版電子書籍に因んだ各方面のプロフェッショナルの知識を得ることが可能です。

そして、最新書籍の情報などは、Instagramを中心に、SNSでも情報発信を行なっておりますので、そちらも併せてご確認ください。

いもざむらい

 KMT NETWORK-代表

Amazon Kindleに並ぶ電子書籍以外にも、我々の活躍をするフィールドは無限大です。当ブログページにて有益な情報をお伝えしてまいります。

謎の課長

KMT NETWORK-編集者

はい!記事制作を行なっている側も大変興味のある記事が多く出来上がって参りましたね。隙間時間にでも読んでいただければ幸いです。


KMT NETWORK-SNSはこちら

Instagram・Twitterで様々な情報を発信中


■記事導入-本記事のブログテーマはこちら

簡単な金融リテラシー向上プロジェクトでお金で失敗する前に学ぶ
-キャッシングと審査編-

キャッシングと融資の違いや利用時に行われる審査についてお伝えします

✔️

✔️キャッシングと審査

というブログテーマで話を進めてまいります。

結論から言いますが、、

✔️審査には定められた一定のルールのもと行われます

ええええ!じゃあ。借りることができない人もいるの???そういうことです。(むしろお金なんて借りるものじゃない)

少し長くなってしまいますが、非常に重要な記事だと思いますので、是非読んでみてください。

ちなみに、新社会人や大学生活が始まるのに合わせて、クレジットカードを持つ機会も増える事でしょう。魔法のカードという反面、地獄行きのカードでもあります。

記事を書いている私自身、クレジットカード(特にキャッシング)に関しては、非常に苦い経験をしてきました。皆様はそうならないためにも、少しずつ勉強をしていきましょう。

今回も、目次でも表示しますが、キャッシングの多重債務についてから、多重債務者にならない為になどの記事構成で作成しています。

では、本題へ入っていきましょう。


■第1章-キャッシングと融資の違いについて

簡単な金融リテラシー向上プロジェクトでお金で失敗する前に学ぶ

融資とキャッシングの差はどこにあるのだろうと、疑問を抱いているという人は少なくはないでしょう。

言葉の使い方も、用語のあてはめ方も似ているために、どちらも同じものを示す言葉ではないかと思う人もいます。

キャッシングと融資には、大きな違いがあります。

キャッシングは、

✔️担保がなくても融資を受けることができる

金銭を必要としているけれど担保がない人でも、キャッシングは使えます。

融資の場合は、

✔️担保や保証人などを用意することを前提に借り入れをすることが出来る

という上記の点において、キャッシングと異なります。

条件によって、担保や保証人が用意できない場合でも、融資を受けることができるといいます。

担保がいるかどうかは、金融会社にとってリスクの高い融資かどうかなので、少額融資ならば無担保で利用できる場合があります。

キャッシングによってお金を借りる場合には、最近はクレジットカードにキャッシング機能がついていたりするものもあります。審査を受けている時間的余裕がない人でも、クレジットカードがあれば安心です。どんな場合でも、お金を貸す時には審査が生じます。

審査によって、返済能力があると認められた人でなければ、お金は借りられません。

キャッシングと融資と言うのは細かい点で異なるので、利用する場合には利用目的に合ったお金を借りる方法を選択するようにしましょう。

で、少し話に出てきた

✔️審査

について、次章にて解説していきたと思います。

■第2章-意外とシンプルなキャッシングの審査と申し込み基準とは

簡単な金融リテラシー向上プロジェクトでお金で失敗する前に学ぶ

キャッシングを利用したい!そんな若者は多いのではないでしょうか。あと少し!お金があれば、欲しいものを買うことが出来る!いや、しっかりと働いてお金を貯めましょう。

っと、話が少しそれてしまいましたので、本題に戻っていきます。

まず、キャッシングの審査申し込み基準ですが、

✔️18歳以上で収入が確保されている人物

でなければ、そもそも融資は受けられません。
年収としては、

✔️200万円以上であること

と、されています。

アルバイトパート勤務で正規雇用でなくとも、一定の収入が見込めるならば融資可能としている会社も存在します。

審査にパスすれは、キャッシングカードが発行され融資が受けられます。また、キャッシングを利用するにあたり、クレジットカードを新規に作る場合にも、審査を受ける必要があります。

しかし、月々の安定した収入がない人は、クレジットカードは発行されません。

で、審査って一体どんな項目がチェックされるのかが知りたいですよね。今から説明しますので、一緒に勉強をしましょう。

まず、

✔️①他のローンやクレジットカードの有無も審査の対象

となります。
✔️②他社からいくら借りているか、返済トラブルを起こしたことはないか

なども調べられます。

一般的なキャッシングの審査としては、住宅ローン車のローンについては審査への影響は比較的少ない、と言われています。

審査で重要視されるのは、主にカードローンキャッシングの利用についてです。これは、一年間の収入の1/3の越える金額を借り入れてはいけないという法律が2010年に制定され、以前より審査に通りにくい状況になっています。

審査の結果、利用中のキャッシングがあるために、新たなキャッシング審査では、キャッシング不可能という状況が発生してしまう可能性があるのです。

借りたお金は利子をつけて返さなければならないことは、キャッシングを利用する際の条件です。審査を通貨し、金銭の借り入れができるようになってからも、返済条件や利息については十分にチェックをしてください。

■第3章-キャッシングなどの融資の審査に落ちる人の特徴とは

簡単な金融リテラシー向上プロジェクトでお金で失敗する前に学ぶ

キャッシングなどの融資の審査に落ちてしまう人の特徴とは、一体なんなのでしょうか。いや、いっその事落ちた方が良いかも知れません。

と、気を取り直して、、、。

貸したお金を返せる人物か見極めるために、キャッシング会社は貸し付け前に審査をします。

そのため、キャッシングを利用したいけれど、審査で落とされるという人もいます。ちゃんとした定職に就いていて収入があるのに、融資の審査に落ちてしまうケースもあるようです。

そもそもキャッシングなどの融資をする時、金融機関はどのような基準によって審査を行っているのでしょうか。

✔️20歳以上であること

✔️収入をコンスタントに得ていること

が、キャッシングの手続きを行える人の基準となります。

最低限の条件は安定した収入と年齢の2つかもしれませんが、それ以外にも確認したいことがあります。

✔️他の金融機関から多額の融資を受けている

✔️複数の金融機関から融資を受けている

✔️返済を大幅に遅らせたことがある

と、審査では不利です。

長期の延滞をしたことがある人は、信用情報会社に事故情報として残されているうちは新規融資は困難です。返済遅延の情報がある人は返済能力が低いとみなされ、かなりの確率でキャッシングの申し込み時の審査に落ちてしまいます。

また、信用情報機関に登録された情報は一定期間は残るので、その間はどの金融機関の融資も利用できなくなってしまいます。

スムーズにお金を借り続けられる状態を保つためには、借りたお金はその都度責任を持って返済することが大事です。今までのキャッシング利用歴を振り返ってみれば、新たなキャッシングの審査をクリアできるかが分かります。

■第4章-キャッシングの審査に通過できない理由って何?

簡単な金融リテラシー向上プロジェクトでお金で失敗する前に学ぶ

キャッシングの審査は返済能力があると認められれば通過できます。

しかし、誰もが簡単に審査に通るかどうかと言われたら怪しい場合があります。では、キャッシングなどの融資に関する審査落ちの原因とはなんなのでしょうか。

審査に通過できない理由はシンプルで、

✔️返済能力を有していないから

どんなに150万円を借りたいと申し出たとしても、返済能力が100万円以下だと判断されれば、150万円の融資は無理な話です。ただし、キャッシングの審査は、金融機関によって異なっていて、実際の基準がどう設定されているかは未公開情報です。

また、キャッシング申込み時の審査に通らない理由として多いのは、

✔️過去の遅延

✔️債務整理

などがあります。
特に、今までクレジットカードや、キャッシングなどの金融商品を利用して、返済時に問題を起こしていると、審査では不利です。特に債務整理の場合だと、原則として5年間は借りることができないので、どこのキャッシング会社に申込みをしても審査に通過することはできません。

まれに4年で融資を受けられたなどの話も聞かれますが、基本は5年は経過しないと審査に通らないと考えておきましょう。

もしも、新たにキャッシングの審査を受けることになったら、事前にできる準備をしておきましょう。できるだけ、借入金額を低くできるように、お金のやりくりや、現状の把握に努めるようにしましょう。

必要額が減るほど希望額を少なくできるため、審査に通過しやすくなり、当然ながら希望額が大きいほど、審査の難易度は高くなるのです。

キャッシングの審査では、審査基準に満たなかった場合、結果は通知されますが、理由は告げられません。

■最終章-本記事のまとめ

ここまでお付き合い頂きありがとうございました

ここまで金融情報の基礎的なお話をしてきました。

✔️キャッシングと融資の違い

✔️キャッシングの審査と申し込み基準

✔️キャッシングの審査に落ちる人の特徴

✔️キャッシングの審査に通過できない理由

といった構成でお話を進めてきました。

借金はデメリットだけではありません。賢く使えば、

✔️信用力を高めるツール

にもなり得ます。

しかし、勉強しないで闇雲になんて使っていたら、、、、、、、大変恐ろしいことになります!!

引き続き、KMT NETWORKオフィシャルブログで、金融の知識を向上させる取り組みを行いますので、共に勉強していきましょう。

お付き合いありがとうございました


電子書籍制作・出版の発注はKMT NETWORKへ

世界に一つのあなただけの書籍を出版しましょう

電子書籍制作・出版はKMT NETWORKにお任せ下さい

特別な残る一冊の電子書籍を作りませんか。

電子書籍は、読み手だけでなく著者や制作者にもメリットが大きいデジタルコンテンツです。副業としても優秀な電子書籍の魅力を発信するべく、日々ブログ記事を更新して参ります。

そして、電子書籍出版プロデュースもお任せ下さい。個人の力を最大限にするべく様々なジャンルのスペシャリストを輩出して参りました。他社にはない高品質で満足度の高い電子書籍制作を行っておりますので宜しくお願い致します。

ちなみに最近では、終活として自身の自伝を電子書籍で出版される方が大変多くなっております。ご家族、子どもやお孫さんなどに、何か残したい一心で、廃れること、無くなることのないデジタル作品を作りませんか。

また、就職案内用に自社紹介書籍として作成される方も大変多く、弊社でも対応させていただいております。

詳しくは、上部バナー画像、又は下部「電子書籍制作の発注はこちら」よりお願い致します。


当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。