KMT NETWORK

KMT総合情報部-キャッシングと思いつき消費者金融に手を出す前の基礎知識

お問い合わせはこちら オフィシャルサイト

KMT総合情報部-キャッシングと思いつき消費者金融に手を出す前の基礎知識をつけよう

KMT総合情報部-キャッシングと思いつき消費者金融に手を出す前の基礎知識

2022/07/11

お金で失敗する前に学ぶ金融学習

お金は死ぬまでついてまわる永遠のテーマだ!簡単な金融リテラシーを身につける

KMT NETWORK-総合情報部が様々な情報を記事にします

KMT総合情報部-情報・金融カテゴリーでは、著者様との共同制作記事をお届けします。

KMT NETWORK-総合情報部ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

オフィシャルブログページでは、KMT NETWORK-広報部+KMT NETWORK-総合情報部が運営を行い、知識改革にて、個人の知識を最大化にする情報を発信しております。

また、KMT出版にて制作を共にした『著者様』を交えてのブログ記事制作・配信を行なっており、出版電子書籍に因んだ各方面のプロフェッショナルの知識を得ることが可能です。

そして、最新書籍の情報などは、Instagramを中心に、SNSでも情報発信を行なっておりますので、そちらも併せてご確認ください。

いもざむらい

 KMT NETWORK-代表

Amazon Kindleに並ぶ電子書籍以外にも、我々の活躍をするフィールドは無限大です。当ブログページにて有益な情報をお伝えしてまいります。

謎の課長

KMT NETWORK-編集者

はい!記事制作を行なっている側も大変興味のある記事が多く出来上がって参りましたね。隙間時間にでも読んでいただければ幸いです。


KMT NETWORK-SNSはこちら

Instagram・Twitterで様々な情報を発信中


■記事導入-本記事のブログテーマはこちら

簡単な金融リテラシー向上プロジェクトでお金で失敗する前に学ぶ
-消費者金融と基礎知識編-

キャッシングといえば”消費者金融”ですが、、、、、、

✔️

✔️消費者金融でのキャッシング基礎知識

というブログテーマで話を進めてまいります。

結論から言いますが、、

✔️消費者金融でのキャッシングの流れはこの記事で大体把握できますw

いや、消費者金融の基礎知識を、金融ジャンルのブログ記事なので紹介しますが、マジで使うものではありません。。

少し長くなってしまいますが、非常に重要な記事だと思いますので、是非読んでみてください。

ちなみに、新社会人や大学生活が始まるのに合わせて、クレジットカードを持つ機会も増える事でしょう。魔法のカードという反面、地獄行きのカードでもあります。

記事を書いている私自身、クレジットカード(特にキャッシング)に関しては、非常に苦い経験をしてきました。皆様はそうならないためにも、少しずつ勉強をしていきましょう。

今回も、目次でも表示しますが、キャッシングの多重債務についてから、多重債務者にならない為になどの記事構成で作成しています。

では、本題へ入っていきましょう。


■第1章-消費者金融からの融資と金利を考える

簡単な金融リテラシー向上プロジェクトでお金で失敗する前に学ぶ

あまりおすすめはしませんが、初めての消費者金融の利用を考えている場合に考えることがあります。

キャッシングの利用を前提に消費者金融会社を選択する場合は、金利条件に気をつけて融資を申し込むことが大事です。

金利と言うのは、融資を受けた金額と借りた期間に対しての

✔️利子率

のことです。

いくらの融資をうけたかと、金利が何%に設定されていたかで、利息の金額が決定します。

キャッシングに関する法律によって、金利の範囲は定められていますが、具体的な金利は各消費者金融会社によります。(MAX金利は法律で規制されている)

ですから、融資を行う際に、消費者金融会社は何%の金利をつけるかを、法律に違反しないように決めることができるのです。

審査を通過するかどうかばかり気になって、融資の申し込みをする際には金利を二の次にしてしまう人もいます。ですが、今後の返済のことを考えると金利の問題は無視できません。

例えば、金利14%と金利18%の差を比較してみましょう。100万円を借り入れて半年後に全額返済する場合、両者の差は一万円です。(この一万円が後に大きな後悔を生むのです)

ちなみに、銀行系キャッシング会社の融資は、消費者金融より金利が安いとされます。しかし、低金利が魅力の銀行系キャッシングですが、必要書類の多さや審査に手間取りやすいことなどがネックです。

自分の状況や融資の緊急度などによって、消費者金融か銀行系のどちらかに決める必要があります。

まずは、どうしてもお金を借りたい場合は、借り入れする金融会社を決めた後に金利をチェックしても良いのではないでしょうか。

消費者金融毎に行っている審査内容や書類の提出手順、金利や限度額に関してはランキングサイトやキャッシングの情報サイトを活用して融資に備えるといいでしょう。

■第2章-お世話になりたく無い。消費者金融の選び方とキャッシング

簡単な金融リテラシー向上プロジェクトでお金で失敗する前に学ぶ

消費者金融には、できればお世話になりたくありませんが、いざ使わないとならない場合には、どのようにして消費者金融の選択を行えば良いのでしょうか。

事実、現在の日本においては、数多くの消費者金融会社がキャッシング融資を行っているため、どこがいいか決めかねてしまうことが多いようですわ。

消費者金融会社の選び方はどうするものなのか、わからないという方もいるようですが、、、、

まず、消費者金融を選択する前に、

✔️自身がどんな条件での借り入れを望んでいるか

を、明確にしてみましょう。

例で説明するとすれば、女性でも安心して使えるキャッシングを求めているのか、即日融資を必要としているのか?などです。

その他にも、審査があっという間に終わる利息がつかない、行動範囲内に無人の契約機や店があって返済が楽などの要素があります。

会社帰りや何かのついでに気軽に立ち寄れる場所にあるキャッシング会社や、審査が短時間で済むところはすぐお金がほしい人向けですし、金利が安いところは、ネットなどでキャッシングの金利を比較しているサイトを検索して、複数の消費者金融会社をチェックすればよいわけです。

最近では、1ヶ月や2ヶ月といった短期間のキャッシングは、

✔️無利子で融資

を、している消費者金融もあり人気のようです。(まぁ、ほとんどは期間内に返されへんから消費者金融も強気な期間を設けてきますw)

キャッシングの内容は、会社が違えば自ずと異なりますので、貸付金利だけでなく返済プランや窓口の応対なども加味して借り入れ先を決めて下さい。そうでないと、どの金融会社から融資を受けることにするかによっても、金利にはかなりの違いが発生することがあります。

また、実際に借り入れる前に、どのくらい差があるかを試算してみることなども重要です。

消費者金融でキャッシングする場合には、返済時にトータルでいくらになるのかなどを調べて慎重に借りるようにしましょう。

■第3章-消費者金融によるキャッシングの注意点

簡単な金融リテラシー向上プロジェクトでお金で失敗する前に学ぶ

消費者金融によるキャッシングの注意点って題名ですが、キャッシングを使うこと自体が、既に注意点だということは認識しておきましょう。

しかし、世の中息をしていれば、お金がかかります。急な出費でキャッシングに頼らなければならない場合も多くあることでしょう。では、少し本題に戻っていきます。

消費者金融でキャッシングを行う際に、注意して欲しい点があります。

消費者金融を利用する上で、

✔️キャッシングに対する責任感を薄れさせないこと

は、重要なことだといえます。

他の金融機関でのキャッシングに比べ、消費者金融は審査の基準が緩いものですので、返済が完了しない内に、一つの会社で限度額一杯まで借りた後でも次から次へとキャッシングを繰り返してしまうケースがよくあります。(多重債務)

このほかにも、色々な消費者金融から、借り入れ返済の為にキャッシングを行ってしまうケースもかなりあるでしょう。結果的に、次々とキャッシングを重ねる内に金利が溜まってしまい、負担ばかりが増してしまう事態も予測できるのではないでしょうか。

キャッシングの件数が増えてしまうような悪循環に陥る前に、消費者センター専門機関に相談して、根本的な解決方法を考えることが望ましいといえるでしょう。

その他にも、

✔️悪徳会社

にも注意して、消費者金融でキャッシングを利用するようにしましょう。

狡猾な手で消費者を狙う悪徳会社が、消費者金融の一部には存在するといわれているのも事実です。法外な金利を消費者の弱みに付け込んで要求したり、金銭を仲介者を通して強請ったりすることもあるといいます。

現在も消費者金融の悪徳会社は、法律の目を掻い潜って存在しているものなのです。ですから、自分で悪徳金融会社からは身を守る必要があるといえます。

このような一部の悪徳会社は、ほかの消費者金融のイメージをも低下させつつあるといえますわ。

どんなに気軽にキャッシングが行えるとしても、利用の際は消費者金融の正しい情報を把握して、注意することが必要ではないでしょうか。

■第4章-消費者金融のキャッシング時の審査内容とは

簡単な金融リテラシー向上プロジェクトでお金で失敗する前に学ぶ

消費者金融に申込みをして融資を受ける時の審査内容が気になる方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

もしも、初めて消費者金融会社に申込みをする場合は、必要書類に関する情報や、審査で何をするかを確認しておきたいものです。

まず、消費者金融で融資を受ける際には、いくつかの書類が必要となりますが、

✔️身分を証明できる書類がなければ、手続きをすることはできません。

主に住所証明が可能な、パスポート免許証が一般的です。

身分証明書に記載されている住所と現住所が異なる場合には、数ヶ月以内に発行された公共料金等の領収書が併せて必要となります。(大体3ヶ月〜6ヶ月以内のものが必要とされます)

融資金額が50万円以下なら必要の無い書類ですが、もしも50万円以上の借り入れをするなら、源泉徴収票の写しが必要となります。

申し込み時に必要となるこれらの書類を提出すると、いよいよ融資が可能であるか否かの審査を受けることができるというわけです。

審査では、

✔️収入は安定しているか

✔️同じ会社に長年勤めているか

✔️他社から借入はしていないか

などを調べることが多いです。

これらの情報から総合的に融資の可否、あるいは融資金額についての判断が下されることとなりますが、収入が一定の額をキープすることができているかどうかが、金融会社から融資を受ける時のキーポイントです。

毎月確実な収入を得られ、返済能力を有する人物であるかどうかについて審査されます。

その他にも、これまで、キャッシングやローンを使ったことがあるか、信用情報会社に情報が集積しています。審査の時には信用情報会社に照会して、返済トラブル歴のない人物かを調べます。

持ち家に住んでいたり、共働きをしている家庭である場合には、信用度が増して融資を受けられる確率が上がることがあります。

■最終章-本記事のまとめ

ここまでお付き合い頂きありがとうございました

ここまで金融情報の基礎的なお話をしてきました。

✔️消費者金融からの融資と金利を考える

✔️お世話になりたく無い。消費者金融の選び方とキャッシング

✔️消費者金融によるキャッシングの注意点

✔️消費者金融のキャッシング時の審査内容とは

といった構成でお話を進めてきました。

借金はデメリットだけではありません。賢く使えば、

✔️信用力を高めるツール

にもなり得ます。

しかし、勉強しないで闇雲になんて使っていたら、、、、、、、大変恐ろしいことになります!!

引き続き、KMT NETWORKオフィシャルブログで、金融の知識を向上させる取り組みを行いますので、共に勉強していきましょう。

お付き合いありがとうございました


電子書籍制作・出版の発注はKMT NETWORKへ

世界に一つのあなただけの書籍を出版しましょう

電子書籍制作・出版はKMT NETWORKにお任せ下さい

特別な残る一冊の電子書籍を作りませんか。

電子書籍は、読み手だけでなく著者や制作者にもメリットが大きいデジタルコンテンツです。副業としても優秀な電子書籍の魅力を発信するべく、日々ブログ記事を更新して参ります。

そして、電子書籍出版プロデュースもお任せ下さい。個人の力を最大限にするべく様々なジャンルのスペシャリストを輩出して参りました。他社にはない高品質で満足度の高い電子書籍制作を行っておりますので宜しくお願い致します。

ちなみに最近では、終活として自身の自伝を電子書籍で出版される方が大変多くなっております。ご家族、子どもやお孫さんなどに、何か残したい一心で、廃れること、無くなることのないデジタル作品を作りませんか。

また、就職案内用に自社紹介書籍として作成される方も大変多く、弊社でも対応させていただいております。

詳しくは、上部バナー画像、又は下部「電子書籍制作の発注はこちら」よりお願い致します。


当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。