KMT NETWORK

KMT総合情報部-無審査?無利息?低金利?キャッシングのあれこれを調査してきました

お問い合わせはこちら オフィシャルサイト

KMT総合情報部-無審査?無利息?低金利?キャッシングのあれこれを調査してきました

KMT総合情報部-無審査?無利息?低金利?キャッシングのあれこれを調査してきました

2022/06/27

お金で失敗する前に学ぶ金融学習

お金は死ぬまでついてまわる永遠のテーマだ!簡単な金融リテラシーを身につける

KMT NETWORK-総合情報部が様々な情報を記事にします

KMT総合情報部-情報・金融カテゴリーでは、著者様との共同制作記事をお届けします。

KMT NETWORK-総合情報部ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

オフィシャルブログページでは、KMT NETWORK-広報部+KMT NETWORK-総合情報部が運営を行い、知識改革にて、個人の知識を最大化にする情報を発信しております。

また、KMT出版にて制作を共にした『著者様』を交えてのブログ記事制作・配信を行なっており、出版電子書籍に因んだ各方面のプロフェッショナルの知識を得ることが可能です。

そして、最新書籍の情報などは、Instagramを中心に、SNSでも情報発信を行なっておりますので、そちらも併せてご確認ください。

いもざむらい

 KMT NETWORK-代表

Amazon Kindleに並ぶ電子書籍以外にも、我々の活躍をするフィールドは無限大です。当ブログページにて有益な情報をお伝えしてまいります。

謎の課長

KMT NETWORK-編集者

はい!記事制作を行なっている側も大変興味のある記事が多く出来上がって参りましたね。隙間時間にでも読んでいただければ幸いです。


KMT NETWORK-SNSはこちら

Instagram・Twitterで様々な情報を発信中


■記事導入-本記事のブログテーマはこちら

簡単な金融リテラシー向上プロジェクトでお金で失敗する前に学ぶ
-キャッシングと低と無の話-

キャッシングと無〇〇・低〇〇などのお話をしていきます

✔️

✔️キャッシングのあれこれ(応用編)

というブログテーマで話を進めてまいります。

結論から言いますが、、

✔️キャッシングサービスには消費者優遇の制度があります

いやいや。そんなこと言ったって、お金は借りるもんじゃないです。ましてや、無審査の話をしていく場面もありますが、マジで注意して読んでみてください。

少し長くなってしまいますが、非常に重要な記事だと思いますので、是非読んでみてください。

ちなみに、新社会人や大学生活が始まるのに合わせて、クレジットカードを持つ機会も増える事でしょう。魔法のカードという反面、地獄行きのカードでもあります。

記事を書いている私自身、クレジットカード(特にキャッシング)に関しては、非常に苦い経験をしてきました。皆様はそうならないためにも、少しずつ勉強をしていきましょう。

今回も、目次でも表示しますが、キャッシングの多重債務についてから、多重債務者にならない為になどの記事構成で作成しています。

では、本題へ入っていきましょう。


■第1章-超危険!無審査でのキャッシングは可能なのか

簡単な金融リテラシー向上プロジェクトでお金で失敗する前に学ぶ

この第1章に食い付いた皆様は、以下の様な条件や悩みを持った方なのではないでしょうか。

消費者金融や銀行などの金融機関でキャッシングをしたいけれど、審査に通るかどうか心配だ。

まさしくこの状態でしょう。(汗)

前回の記事でもお伝えさせて頂きましたが、審査に通りにくい人とは、

ローンやキャッシングの返済を大幅に遅らせたことがある人

や、今まさに

他社からお金を借りている人

です。

で、身に覚えのある人は、新規のキャッシングを利用する時に、無審査で借りられないかと思うことがあるのではないでしょうか。ですが、現実的にみて、キャッシングをする際に無審査でお金を融資してくれるということは考えられません

借り入れる側の返済能力をしっかり見極めるための審査をしないと、貸す側の金融機関のリスクがかなり高くなってしまいます。消費者金融でキャッシングを利用する場合は必ず審査があり、無審査でそのままお金を貸すということは考えにくいのです。

もし無審査でキャッシングできるところがあるとすれば、それは

闇金

の、可能性が高いので要注意です。

という観点からキャッシングを利用する時に、無審査で借りたいという人は多いですが、必ず審査はあるものと考えて金融会社を選んだほうが現実的です。

そのため、長期間の延滞などをしたことがある人は、新規のキャッシング申し込みをする時に、自分の信用能力を上げておきましょう。それまではキャッシングすることができませんから、きちんと期日を守って返済を一定期間行うようにしましょう。

遅延の無い返済期間が長くなれば信用が回復するということもあるので、地道に自らの信用を取り戻すことが大切です。

無審査でのキャッシングは難しいので、まずは今の返済をしっかりすることが先決です。

■第2章-無審査は危ないが無利息のキャッシングはメリットあり

簡単な金融リテラシー向上プロジェクトでお金で失敗する前に学ぶ

さて続いて、同じ無〇〇でも全く恩恵もリスクも違う、表題のお話をしていきましょう。

当然ながら、

金利ゼロ

で、お金を借りることができる点が、無利息キャッシングの大きなメリットではないでしょうか。

普通のキャッシングでは返済時には1日借りただけでも利息がつきます。この様に、無利息キャッシングは非常にメリットのある金融商品なのです。

18.0%で借り入れ10万円のキャッシングを行った場合、1,500円の利息が30日後の返済にはついてきます。

非常に勿体ないですよね。。。で、30日間の無利息キャッシングが可能なキャッシング会社であれば、利息分がゼロになるわけです。

しかし、利用限度額は無利息キャッシングの場合、一般的なローンより少なめとなっているようです。ですが、他の即日キャッシングと、審査に必要な時間はそれほど違いはありませんので、融資をとても手軽に受けることができるでしょう。

元々自分のお金だったように錯覚してしまう人も、あまりに手軽すぎることからいらっしゃる様です。(まじでこれで筆者は後悔しています。)

無利息の期間を各キャッシング会社でチェックして、うまく借入と返済を使いこなすことができれば、とても便利な無利息キャッシングの出来上がりです。無利息の借り入れは1回のみの場合も、キャッシング会社によってはあるようですが。

なので、利用するときには、返済プランをしっかり組み立ててからにしましょう。

今すぐ小口での融資を短期間の間で構わないので必要としている時などは無利息キャッシングはとてもおすすめです。

場合によっては、無利息キャッシングは銀行のATMから手数料を支払って自分のお金を引き出すより、得をすることができるでしょう。(だからと言って、キャッシングはお勧めしません)

■第3章-キャッシングもクレジットも低金利を知る

簡単な金融リテラシー向上プロジェクトでお金で失敗する前に学ぶ

はい。続いて、キャッシングにも関係が深い、表題のお話をしていきましょう。

クレジットカード選びの指針に低金利であることを求める人がいます。これは、キャッシングでもそうです。しかし、多くのキャッシングの金利は、高金利なものが多いのが現状です。

ローンカードはクレジットカードと混同されがちですが、決済には使えず、小口の個人向け融資を受けたいときに使います。

ローンカードは各社の競争が激化しており、初めての利用に限り60日間金利ゼロでの借り入れなど、様々なサービスがついているようです。

消費者金融や銀行、信販会社が独自のローンカードを発行していますし、正社員として働いていない人でも、パートアルバイトをしていれば融資が可能なところもあります。

申し込み条件としてはクレジットカードやローンと同様に一般的に

18歳以上

安定した収入があること

と、されています。

で、金利貸付条件は、各金融会社によって異なっています。近年のローンカードには、本来はキャッシングカードでありながらショッピング機能もついているカードも存在します。

金利が18%以下のクレジットカードが多いですが、これは法律で定められた内容に基づきます。こういった法律などのルールのおかげで以前と比較すると、クレジットカードは低金利での利用ができるようになっているようです。

クレジットカードにも、一時的にお金が必要になった時に使えるキャッシング機能のついたものや、カードローンが使えるものなども増えてきています。

クレジットカード会社を選ぶ時は、金利条件利用限度額をチェックし、サービス内容や特典についてもよく検討した上で自分に合うものにしましょう。

■第4章-低金利のキャッシングを利用するメリットと業者選びのポイント

簡単な金融リテラシー向上プロジェクトでお金で失敗する前に学ぶ

ネットキャッシングが普及したことにより、店の窓口まで行かなくても、ホームページの専用フォームから申込みが可能になっているということは、これまでに何度も伝えてきました。

キャッシングへの印象も一変しており、大勢の人が気軽に金融会社から融資を受けているようです。そして、キャッシング会社の種類も多くなり、どの金融会社を利用するかで、消費者は頭を悩ませるようになりました。

じゃあ。どうしてもお金を借りたい皆様。教えておいてあげますよ。良いですか、一回だけですよ。まじで借りるもんじゃないから。

✔️お金の借りやすさ

と、

✔️金利の高さ

の、両方を加味した上で、どの金融会社から融資を受けるかを決めましょう。

できるだけ低金利で借り入れたほうが、返済がより進めやすくなります。

銀行系のキャッシング会社と、消費者金融系のキャッシング会社は、銀行系のほうが低金利での融資を行っています。できるだけ低い金利で融資を受けたいと思っている人は、

✔️銀行系のキャッシング会社

を、重点的に選ぶことです。

銀行系キャッシングは、審査のハードルがやや高めに設定されていますので、人によっては融資を断られてしまうことがあります。

また、近年では、消費者金融会社のキャッシングサービスでも、金利0%で融資を行っているものがあるようですので、金利0%なら、借りたお金と同額を返済するだけで事足ります。

申込み後の最初の一回だけなどの条件がありますが、利用の仕方次第でとても便利というわけです。

提携ATMを利用してお金を借りると、金利とは関わりなくATM利用手数料が発生することがありますので、注意してください。(キャッシングは金銭感覚が狂うので、手数料如き気にしなくなりますが、、、)

金利の低いキャッシングを選ぶことも重要ですが、手数料や、返済までの日数など、細々とした部分もきちんと確認して利用&業者選びをすることが重要です。

■最終章-本記事のまとめ

ここまでお付き合い頂きありがとうございました

ここまで金融情報の基礎的なお話をしてきました。

✔️超危険!無審査でのキャッシングは可能なのか

✔️無審査は危ないが無利息のキャッシングはメリットあり

✔️キャッシングもクレジットも低金利を知る

✔️低金利のキャッシングを利用するメリットと業者選び

といった構成でお話を進めてきました。

借金はデメリットだけではありません。賢く使えば、

✔️信用力を高めるツール

にもなり得ます。

しかし、勉強しないで闇雲になんて使っていたら、、、、、、、大変恐ろしいことになります!!

引き続き、KMT NETWORKオフィシャルブログで、金融の知識を向上させる取り組みを行いますので、共に勉強していきましょう。

お付き合いありがとうございました


電子書籍制作・出版の発注はKMT NETWORKへ

世界に一つのあなただけの書籍を出版しましょう

電子書籍制作・出版はKMT NETWORKにお任せ下さい

特別な残る一冊の電子書籍を作りませんか。

電子書籍は、読み手だけでなく著者や制作者にもメリットが大きいデジタルコンテンツです。副業としても優秀な電子書籍の魅力を発信するべく、日々ブログ記事を更新して参ります。

そして、電子書籍出版プロデュースもお任せ下さい。個人の力を最大限にするべく様々なジャンルのスペシャリストを輩出して参りました。他社にはない高品質で満足度の高い電子書籍制作を行っておりますので宜しくお願い致します。

ちなみに最近では、終活として自身の自伝を電子書籍で出版される方が大変多くなっております。ご家族、子どもやお孫さんなどに、何か残したい一心で、廃れること、無くなることのないデジタル作品を作りませんか。

また、就職案内用に自社紹介書籍として作成される方も大変多く、弊社でも対応させていただいております。

詳しくは、上部バナー画像、又は下部「電子書籍制作の発注はこちら」よりお願い致します。


当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。