KMT NETWORK

電子書籍の作り方から電子書籍活用法までを伝授!

お問い合わせはこちら オフィシャルサイト

電子書籍の作り方から電子書籍活用法までを伝授!

電子書籍の作り方から電子書籍活用法までを伝授!

2021/06/17

電子書籍出版ビジネスに敷居の高さを感じている方!ちょっと待ってください!

高額セミナー級のお話を記事にしました!詳しいことは、LINE公式アカウントで配信中!

電子書籍副業は正直誰でも出来ちゃいます。

Kindleでの出版に関していえば、収益化までの道のりは余裕なので、モチベーションが維持できる副業

現在、巷に溢れている副業で思いつくものって何でしょうか?

有名どころでいくと、YouTubeが先に思いつくのではないでしょうか。他で言えばアフィリエイトなどのブログサイトの運営やせどりなどの物販ビジネスも有名な副業です。

これらのコンテンツは成功者が多く、ノウハウを伝授されていることもあってか、取り組む方が結構いらっしゃる印象です。

しかし、ブログなどに取り組んだことがある方にはわかるかと思いますが、初心者が利益を出すまでには半分以上の方が諦めて中途半端に終ってしまう方が多いと思います。私がそうでした。

ですので、これから副業を始める人が取り組むべき副業として電子書籍市場を利用した副業をご紹介します。

ライバルは有名出版社。しかし個人でも爪痕を残すことは容易なんです。

圧倒的ライバルの少ない電子書籍について理解を深めよう

え?電子書籍って紙の書籍を電子化した作品でしょ。そんなん個人で作ろうものならハードルが高くて当たり前やん。と聞こえてきそうな今回のテーマ。正直、出版に対するイメージって、敷居がめちゃくちゃ高いというのが一般的な意見だと思います。

勿論、出版は出版社も儲からないとダメなので、儲からないと判断された作品(原稿)は却下されます。

ほらぁ、一般人が書いた原稿なんてそもそも相手にされないし、読み手や買い手もおらんに決まってるやん。そんなん、副業にこれせぇゆうたかて出来ませんわ。

では、今出来ないのなら出来るようになれば良いんです。少し細かく砕いて説明していきましょう。

電子書籍は一度作ると一生機能するデジタルコンテンツ。是非挑戦してみませんか。

電子書籍を制作する際の作業工程

電子書籍用原稿の調達、制作

01

電子書籍も紙の書籍も必要なものがあります。それが、原稿です。

正直これがないと一冊の本が完成しません。小説や自己啓発、学問系やビジネス書など、その書籍に応じた原稿を手元に用意してからが書籍制作のスタートです。

勿論、書籍制作のスタートラインは原稿執筆から始まります。自分自身の体験談や、自身の経験を基にした原稿だって構わないのです。

しかし、原稿執筆といったものの初心者の方が原稿を書き上げるとなるとハードルが一気に高くなります。まずは、ゆっくり丁寧にタスク割を決め、原稿制作を行うことが重要です。

電子書籍用表紙の調達、制作

02

電子書籍は、データ上での販売になります。紙の書籍は、本屋さんやコンビニに並んだりするので、人の目についたりしやすく買ってもらえる確率が上がります。

しかし、電子書籍はどこでも販売できますが、目に触れる機会がなければ売れません。勿論立ち読みをして決める機会もないのでどこで勝負をするかというと、表紙が1番大事ということです。

パソコンやスマホがあれば、優秀なデザインアプリを駆使して表紙を作ることが可能です。

販売プラットフォームの選定

03

KMT  NETWORKでは、電子書籍の販売プラットフォームとして、Amazonをおすすめしています。

→電子書籍の個人販売が活発的

→書籍購入者、電子書籍利用者が世界的に見ても圧倒的

→電子書籍購入時の印税収益が70%

などなど、メリットがかなりあるのでamazonでの販売をおすすめしているということです。

じゃあ、楽天とかはどうなの?と言われることがありますが、楽天などで電子書籍を販売すると結構な制約があります。例えば、原稿内にURLの挿入が出来なかったりします。

Amazonも過度な表現は禁止されていますが、ある程度の自身のコンテンツ誘導表現は大丈夫ですので、そういった部分でもお勧め出来ちゃうというわけです。

電子書籍出版後の修正を繰り返す

04

電子書籍は作って終わりではありません。

一度出版申請した電子書籍を読み返し、不備やわかりにくい表現は勿論、画像の差し替えやリンクの修正作業なども随時行わなければなりません。

売れ行きが悪い場合は、リサーチと修正→再出版を繰り返し、完璧な電子書籍を作り上げていきます。勿論、電子書籍の顔となる表紙のデザインも変更したり作り直したりするなど、出版後の作業も多岐に渡ります。

しかし、それだけ愛情や情熱を電子書籍に注ぐからこそ、この世に二つとない完璧なオリジナル電子書籍が出来上がるわけです。

電子コンテンツの良さをギュッと詰め込んだ電子書籍は圧倒的な効果を発揮します。

電子書籍は自身のブランディングに繋がる

電子書籍×個人がかなり熱い理由がブランディング戦略にあります。

電子書籍は紙の書籍と同じ効果を発揮します。

よく、電子書籍はインチキな物も多いと言われることがあります。

勿論、どんな商材も全てが全ての人にマッチすることは100%あり得ません。それは、大手のメーカーが作った最高級商品だったとしても、ウケない人にはウケません。

しかし、電子書籍は、紙の書籍を電子化した作品である以上、商品の価値は計り知れないものとなっております。勿論個人の制作物としても、価値や作品の信用的な部分もかなり大きい。

これを機に、電子書籍に目を向けて見てはどうでしょうか。

引き続き電子書籍の魅力を発信して参ります

おわりに

電子書籍の制作はKMT NETWORKにお任せ下さい。

電子書籍は制作だけじゃない。そのノウハウをあなたにも。

電子書籍は、読み手だけでなく著者や制作者にもメリットが大きいデジタルコンテンツです。副業としても優秀な電子書籍の魅力を発信するべく、日々ブログ記事を更新して参ります。

そして、電子書籍出版プロデュースもお任せ下さい!個人の力を最大限にするべく様々なジャンルのスペシャリストを輩出して参りました。他社にはない高品質で満足度の高い電子書籍制作を行っておりますので宜しくお願い致します。

詳しくは、上部バナー画像、又は下部「電子書籍制作の発注はこちら」よりお願い致します。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。